みんなの体験日記

2016/05/15

5/15(日)ほって食べよう!たけのこほり

今年も、シーズン後半になってしまいましたが、たけのこほりを
行いました。

合言葉は「ほって、ほって、ほりまくる!」です。

というのも、食べる分だけ掘っていては、毎年1000本以上でて
くる筍はすぐ成長し、あっと言う間に竹林が繁茂(>_<)してしま
うので、筍のうちにたくさん収穫します。

もちろん、新しい竹で、残す竹を決めないと次の筍が育ちませ
んが。

太いたけのこはそんなに収穫できませんでしたが、成長したものでも食べられる部分はあり、残らずむいて調理につかいます。

たけのこを掘ることよりも、むくことの方が作業量が多く、みなさんのマンパワーがあってこそ!

そして毎年恒例の、採ってすぐだから食べられる、たけのこの丸ごと皮ごとの野趣あふれる炭火焼も。

これが、ほくほくでとっても美味しいのです。ホイルでまいたりせずに、そのまま炭に置く、というのが最も良いようでした。

毎年本当にたくさんの方にお越しいただくたけのこほりですが、手を入れなければあっという間に荒れていってしまう竹林。竹林が荒れてしまうとたけのこの収量も減っていってしまいます。

元気な竹林を維持し、そこから美味しい恵みをもらう、人と自然の循環づくりがサンデンフォレストだけでなく、全国の竹林のテーマであることを強く思いました。