みんなの体験日記

2015/11/07

11/7秋のフォレストおおにぎわい

年4回行っているサンデンフォレストの一般開放日、
「秋色をみつけよう」と題して実施しました。
この時期の平日は学校の受入れも多い時期で、
「この前は学校で来て、今日はおうちの人と一緒に来たよ」
「今日は子どもの道案内で来ました」
「きのうも来たよ~」
など、嬉しい声もたくさんいただきました。

毎回おなじみの、ガイドウォークとハンモック広場に加え、秋ならではのドラム缶焼き芋コーナーや、クラフトでは陽に透かした落ち葉の色を楽しむ「落ち葉のステンドグラス」を行いました。

焼き芋が予想を越える人気で、お昼頃には売り切れになってしまいました(期待して来られた方には、本当に申し訳ありません)。
今年は粕川地域ではサツマイモが不作だったため、じゃがいもや里芋もそのまま針金に刺し、ドラム缶に吊るしました。

派手なお祭りではありませんが、日常の中で、地域の方が自然の中で過ごす時間を持つことにつながったり、顔が見えるサンデンフォレストになれれば、という思いで続けていきたいと思っています。

次回の一般公開は、春のきざしがあらわれる、3/20を予定しています。(柴崎)