みんなの体験日記

2015/10/25

10/25 ようこそ室沢交流の森へ

「環境教育等における体験の機会の場」の認定を受けたことを
きっかけに、市民の方が親しめる「室沢交流の森づくり」をス
タートすることになり、第1回目が行われました。

室沢交流の森とは・・・
サンデンフォレストに隣接する場所で、昔は地域の共同の山だ
った所です。しばらく、手入れがされない状態が続き、松枯れ
被害もあり、2009年頃から再び本格的な整備が始まりました。

この企画は、4回シリーズ通しで参加してもらうことを目的にしており、“森を調べる→プランを立てる→作る→集う”をテーマに、連続性のある活動を行う予定です。

この日は、森の先生である、ぐんま森林インストラクター会の“じぃじ”、“塩じぃ”、“イズミー”と一緒に森を歩き、どんな木が生えているか?食べられる植物はあるか?など森の様子を調べました。
また、今後森を作っていくために、木々の実生(種から生長した植物)を探し出し、植木鉢に移し変えました。鉢は参加者の方が持ち帰り、自宅で育てた後、再び森に返します。

最終回の3月に冬を越した苗を「わたしの苗」として植樹する予定です(本来は2年程経過してから森に植えたほうがいいので、その分もわけておこうと思います)。

さて、これからここがどんな森になっていくでしょうか?
次回11/29は、森のプラン、どんなものを作っていくか、どんな場所にしたいかなど…計画を立てる予定です。(柴崎)

▼当日の写真ギャラリーです↓
10/25室沢交流の森づくり①森を調べよう

https://goo.gl/photos/W5YcWM895zZpCWVv8