みんなの体験日記

2018/04/28

4/28(土)たけの竹林お助け隊で、親竹マーキング・道づくりなど

昨日は「竹林お助け隊」ということで、
社内外問わず27人のみなさんと、竹林の手入れを行いました。

今年は特に竹を育成するため(多くの方をがっかりさせてしまいましたが)、この時期でも「たけのこほり」ではなく、親竹のマーキングや藁敷きや、道づくりなどの整備です!

 

竹林の師匠(またの名を、竹取りの翁)である“じぃじ”の指導のもと、子どもも楽しそうに山仕事。しょいかごは大人気で、いろいろ運んでくれるので、大人は大変助かりました(笑)

手作りのとってもいい道もでき、作業後は見違えるほどの竹林にお昼ごはん用の筍は少しいただきました

最後に、この竹林に名称を考え、「ちくちく竹林」と呼んでいくことに。
以前は、放棄竹林と言っても過言ではないほど手に負えなかった竹林でしたが、たくさんの方の協力の積み重ねで、とっても素敵な場所になりそうです。