近自然工法による造成の特徴

サンデンは、2002年に「環境と産業の矛盾なき共存」というコンセプトのもと、21世紀に通用する環境共存型の工場を目指して、群馬県・赤城山の南麓に「サンデンフォレスト・赤城事業所」を建設しました。

建設にあたっては、民間で初めて大規模な「近自然工法」を導入しました。近自然工法とは、自然本来の回復力で生態系を復元できるよう、人間の手でその最初の段階をつくりあげる工法のことです。

開発前の敷地は未整備の荒廃した森林でしたが、「サンデンフォレスト・赤城事業所」の開発によって美しい自然環境を取り戻せるよう、東京ドームの約15倍(64万平方m)に及ぶ敷地の約半分を森林として整備し、残る半分を工場用地としました。

開発当初は100万平方m以下の土地開発では環境アセスメントは不要とされていましたが、サンデンは自主的にアセスメントを実施しました。以降もモニタリングを定期的に実施した結果、一時的に敷地内の生物種数が減少したものの、現状では開発以前と同じに戻り多様な生物種数が確認され、生態系保護・管理活動の効果を検証しています。

造成時(2002年)
現在